賃貸管理は会社でやるより専門業者に依頼した方がスムーズ

つみきと紙幣と人形

安心して経営をするために

賃貸物件の管理を行う管理会社は入居者募集から家賃管理、入居者対応の他、物件の清掃や軽微な修理など多岐にわたります。家賃収入を減らさない為にも入居者募集や入居者の満足度に直結するクレームや入居者対応が賃貸管理の中では特に重要な業務と言えます。

貯金箱と電卓とお金

オーナー向けのサービス

兼業のオーナーも安心して賃貸経営が行えるように、総合的なサポートをしてくれる賃貸管理会社が評判です。料金が割安な業者も人気がありますが、地域の賃貸需要に合わせて、最適なリニューアルプランを提示する業者へのニーズも大きいです。

模型

入居率をチェックしよう

空室に悩んでいるようであれば、賃貸管理会社を変更することも考えてみましょう。賃貸管理会社を選別する際のポイントは2つあります。1つは入居率です。そして、もう1つは管理物件数が安定的に増加しているかということです。

業者に任せることができる

マンション

賃貸管理は、入居者募集から家賃集金やクレーム対応、修理手配などの業務委託を行うサービスです。また、敷金精算や退室後のリフォームも行ってくれます。この賃貸管理は物件が大型化し管理が複雑化していく中で、入居者も物件管理会社に高いレベルでサービスを求めるようになった事から、賃貸管理業を行う専門会社が現れました。賃貸管理の主な業務で、最も重要なのは入居者募集です。物件には当然オーナーがいます。オーナーは物件を建てる際に物件での家賃収入がおよそどの程度かを計算していますが、入居者がいない、つまり空室率が高すぎると想定の収入には及ばない事になります。さらに空室率が高いと入居者からも敬遠されがちです。この点からも入居率を高める事は重要ですが、入居者募集には非常に時間と手間がかかります。これを管理会社が代行しますので、オーナー側の負担は減る事になります。なお、部屋を退去した後にどの程度の期間で新たな入居者を入れるかも重要になってきます。これ以外には入居審査・入居者対応も重要です。入居審査には経験が必要な上、連帯保証人がいない場合は管理会社が保証会社を紹介します。安易な審査で後々トラブルにならないようにする事が大切です。入居者のクレームや問い合わせに対する管理会社の対応の早さが入居者満足にも繋がりますので、入居者対応は押さえておくべきポイントです。このように賃貸管理会社はオーナーからの委託を受けて業務を行いますが、その業務に対して費用が発生します。費用や管理方法等はしっかり比較をして選択する必要があります。